主婦キャッシング可能額はどれぐらい?

主婦キャッシング可能額はどれぐらいになっているのでしょうか?主婦と一口にいっても、パートなどをしている主婦の方と専業主婦の方では、少し違ってきます。

 

パートなどの定期的な収入がある主婦の方は、配偶者の同意書を必要とせず借り入れすることができます。しかし総量規制の施行後キャッシング額は年収の3分の1までと定められていますから、それに従った金額だけ借りられるということになります。ただしこの総量規制は、消費者金融などの貸金業を対象としたものですので、銀行系のカードローンなどは含まれないようになっているのです。

 

とはいっても、正社員の方よりもキャッシング限度額が低く設定されているのは、パートをしている主婦だけでなくアルバイトの方や、派遣社員といった方も含まれています。一番最初にキャッシングを申し込んだ時の限度額は、そのカードローンの設定などの最低金額などからスタートすることが多いでしょう。

 

パートなどをしていない専業主婦の場合は、申込みの際に配偶者の同意書が必要になってきます。配偶者の収入にあわせた金額がキャッシング可能額として設定されますが、その金額によっては配偶者の収入証明書が必要となってきます。

 

主婦キャッシング可能額は、申し込んで審査を受けてみないとはっきりわかりませんから、キャッシングをする前は不安になることも多いでしょう。いくつかのカードローン口コミや金融会社を金利と共に比較し、最も安心できて多く借入できるところを見つけましょう。女性スタッフが対応してくれるレディースローンもおすすめです。

専業主婦と働く主婦の審査は違う?

専業主婦と働く主婦であれば、働く主婦のほうが一般的にキャッシングの審査などには通りやすいように思いますが、実際のところはどうなるのでしょうか。

 

専業主婦であれば、夫の収入や職業で審査されるということになります。夫の同意書や収入証明書の提出をして、はじめてキャッシングの審査を受けることができるのです。

 

働く主婦と一口にいっても色々な形態がありますね。正社員で働いている方の場合は、他での多数で多額な借り入れがなければ審査には通りやすくなるでしょう。この場合は、配偶者の同意書などは必要ありません。ただし、キャッシング希望金額がローン会社規定の金額を超えた場合は、収入証明書の提出が必要になります。

 

働く主婦の中でもパートの形態で働いている場合でも、安定した定期的な収入が継続してあることが認められれば、審査は通過するでしょう。この場合も原則として夫の収入証明書などは必要ありません。

 

ただし、キャッシング金額は、カードローンの設定のなかでも最も低い金額となる可能性が高くなります。もしも大きな金額を借り入れしたいのであれば、配偶者の同意書と収入証明書が必要になる場合もあるでしょう。

 

いずれにせよ専業主婦だから絶対にキャッシングの審査に通らず、働く主婦だから審査に通ると一概にいうことはできません。借り入れが必要なときは、どういった目的のお金なのか、夫に借り入れについて相談することはできないのか、といったことを借り入れ前に必ず確認しておかなければなりません。